仕事の合い間に熊谷でデリヘル遊びをするサラリーマンもいます

営業のサラリーマンというのは外回りを理由にいろんなことが出来てしまうもので、中にはこっそり仕事中にデリヘル嬢と遊ぶというツワモノサラリーマンもいます。
熊谷でもデリヘルですと仕事の合い間にこっそり遊ぶことも可能で、ラブホテルに入る瞬間さえ仕事関係の人間に見られなければばれる心配もありません。
また、時間も60分以内の短い時間でプレイした場合、万が一その間に会社から電話があっても「電車の中にいて電話に出れませんでした」と言えば済むことなので、気軽なのです。
もちろんこのような豪快で大胆な遊び方をするサラリーマンは数は少ないですが、デリヘルはこういったお忍びの遊びも出来てしまうために人気も高いのです。
こういった仕事時間中の遊びは店舗型風俗店では出来ません。
店舗型の場合は待合室で知り合いに会う可能性が0ではないですし、仕事時間中に風俗街を歩くということも懸念材料になるからです。
ちなみに営業マンが平日の昼間にデリヘルを利用すると、人気嬢が空いている可能性が休日や週末の夜より高いという利点もあるのです。
多くのサラリーマンが働いている平日昼間は、競争率も低めですので、たまには有休をとって人気嬢と遊ぶこともおすすめです。

熊谷の人気観光スポット

豊かな自然や歴史ある神社仏閣が多数あり、観光スポットがたくさんあります。

 

特に人気の観光スポットとして、平成23年6月に一般公開された歓喜院があります。
歓喜院は妻沼聖天山歓喜院とも呼ばれる高野山真言宗の仏教寺院で、日本三大聖天の一つです。
聖天は、象の頭を持つインドの神様ガネーシャを起源とする神様で、多くは秘仏として扱われているので、一般公開されることは非常に稀なことです。
1179年に現在の熊谷市妻沼を本拠地としていた齋藤別当実盛が守り本尊である大聖歓喜天をまつるために建立したのが始まりだとされています。
平成24年には本殿が国宝に指定されたこともあり、「埼玉の小日光」とも呼ばれるほど観光客でにぎわっています。
また、歓喜院のある妻沼地区の名物聖天寿司は、一般的な稲荷寿司と比べると細長い形状が特徴で、200年以上も伝わる地元の名物です。
聖天寿司は、歓喜院周辺にある3店舗において、巻き寿司とセットの助六寿司として販売されています。
その他、あじさい寺として知られる能護寺、日本三代文殊として知られる文殊寺など、観光スポットになっているお寺や神社がたくさんあります。

 

星溪園も人気観光スポットです。
市の名勝である星溪園は、熊谷の発展のために尽力した竹井澹如の別邸で、熊谷市を流れる清流星川の源となった玉の池の周辺に木竹、石を配して作られた庭園です。
園内にはいくつかの茶室もあり、お茶会なども楽しまれています。